~ 施 膳 ~

 

月ごとのお品書き


2017

卯月の養生ごはん (更新作業中)

弥生の養生ごはん (バックナンバー準備中)


2016

葉月の養生ごはん (旧暦葉月は 太陽暦の 9/1~9/30) 2016

《前菜》
●アーモンドと長芋のスープ

●イカとオクラのブルーチーズ和え

 

●トマトと葡萄のマリネ

 

《おばんざい盛》
●きくらげときのこのオイスター炒め

●ニラと野草の和え物

●野草のてんぷら

 

●素麺カボチャのサラダ

《メインディッシュ》

 

●薬膳シュウマイ

 

《ご飯・汁もの》

●黒米とあさりのごはん

 

●豚肉と冬瓜のスープ

 

《デザート・ドリンク》

●杏仁豆腐、梨のジュレ添え

 

●自家製薬草茶(ビワ・どくだみ・よもぎ・他)

~ 食材の効能について ~

 

《長芋》

脾胃、肺の機能を高めてくれます。老化予防、疲労回復にもよく、元気が欲しいひとにおススメの食材です。

 

《杏仁》
咳や喉頭の不調にもよく、腸や肌を潤す作用もあり、水分代謝を良くする働きもあります。

 

《豚肉》
体を潤してくれて空咳や肌の乾燥を抑え、便秘にも疲労回復にもよい食材です。

 

《白きくらげ》
肌に潤いを与え、肺の働きをよくします。虚弱体質の人にもよく、空咳対策にも善い食材です。

 

《梨》
肺に潤いを与え、咳を抑えて熱を下げる働きがあります。二日酔いの時にもよい食材です。

 

《黒きくらげ》

 ミネラル豊富で、血液の浄化や肺を潤し、疲労回復にもよい食材です。


文月の養生ごはん (旧暦文月は 太陽暦の 8/3~8/31)/2016

 《前菜》

●トマトのガスパッチョ

自家製豆腐

食用ほおずき(トマティーノ)

●鯖のカレーマリネ

 

《おばんざい盛》

そうめんカボチャのアラビアータ

●野草の天麩羅

野草のきんぴら

ゴーヤとひじきの梅酢和え

 

《メイン》

夏野菜の蒸し豚の冷製葛あんかけ

 

《ごはん・汁物》

ハト麦と三種豆のごはん

小玉葱スープ

 

《デザート》

 

甘酒タピオカフルーツポンチ

●オリジナルブレンド薬草茶(ハト麦・よもぎ・十草)

~食材の効能について~

 

《ビーツ》食べる輸血と言われ、貧血の改善にも善い食材

 

《茄子》体の熱を冷まむくみをとりますし、胃もたれにもよいです。

 

《砂肝》胃が弱い人、消化不良の人におススメです。

 

《トマト》体の熱を取り、口の渇きや暑気あたりに良いです。

 

《ししとう》滞っているモノを発散し血を巡らせ、目の働きも調えます。

 

《鱧》疲労回復、目の疲れにも良く、利尿作用によって体の湿邪を取り去ります。

 

《金針菜》気血水の巡りを正し、浮腫みや貧血、月経痛などの女性特有の身体サイクルを整えるのに最適な食材です。

 

《ハト麦》脾の働きを良くして浮腫みを取り肌のトラブルにも善い食材です。


小満立夏の養生ごはん (バックナンバー整備中)/2016

《前菜》

 

《おばんざい盛り》

 

《メインディッシュ》

 

《ご飯・汁物》

 

《デザート・自家製薬草茶》

●自家製薬草茶

 

 

 



水無月(j前半)の養生ごはん (バックナンバー準備中)/2016

水無月(後半)の養生ごはん (写真準備中)/2016

《前菜》

●レンズ豆のスープ

砂肝コンフィニ

鮎のマリネ

 

《おばんざい盛》

野菜のてんぷら

ラタトゥユー

ししとう・ピーマンのナッツ雑穀炒め

野草と金針菜の和え物

 

《メイン》

鱧のしんじょうと炊き合わせ餡仕立

 

《ごはん・汁物》

ハト麦とトウモロコシのごはん

石蓴(あおさ)と長芋のお吸い物

 

《デザート》

桃のコンポート、ジュレ添え

~食材の効能について~

 

《ビーツ》

食べる輸血と言われ、貧血の改善にも善い食材

 

《茄子》

体の熱を冷まむくみをとりますし、胃もたれにもよいです。

 

《砂肝》

胃が弱い人、消化不良の人におススメです。

 

《トマト》

体の熱を取り、口の渇きや暑気あたりに良いです。

 

《ししとう》

滞っているモノを発散し血を巡らせ、目の働きも調えます。

 

《鱧》

疲労回復、目の疲れにも良く、利尿作用によって体の湿邪を取り去ります。

 

《金針菜》

気血水の巡りを正し、浮腫みや貧血、月経痛などの女性特有の身体サイクルを整えるのに最適な食材です。

 

《ハト麦》

脾の働きを良くして浮腫みを取り肌のトラブルにも善い食材です。



皐月(前半)の養生ごはん (バックナンバー準備中)/2016

皐月(後半)の養生ごはん (写真準備中)/2016

《前菜》

●もろこしのスープ

●烏賊のマリネ

●オクラとパプリカの和え物

 

《おばんざい盛り》

●玉葱のオーブン焼き

●豆の蒸し豆腐

●野菜の天麩羅

●野草のナムル

 

《メインディッシュ》

●鱸(すずき)の蒸し焼き、香味ソース

 

《ご飯・汁物》

●小豆とハト麦と黒米のごはん

●酸辣湯の春雨入り

●自家製糠漬け

 

《デザート・自家製薬草茶》

●緑豆のお汁粉、棗(なつめ)入り

●自家製薬草茶

(ハト麦・熊笹・カキドオシ・ハブ草・よもぎ・杉菜 オリジナルブレンド) 

とうもろこし

浮腫みを取り、利尿効果もあり胃酸の働きを高めます。

 

はとむぎ

脾の働きを良くして浮腫みを取り肌のトラブルに効果があります。

 

小豆

水太りや浮腫みをとり、解熱作用があります。

 

烏賊

気血を補い、津液など身体の巡りを良くします。月経不順にも効果があります。

 

パプリカ

ビタミンCたっぷりで疲労回復に良く、体の中の巡りをよくしてくれます。

 

鱸(すずき)

食欲不振、浮腫み、怠さ、貧血に良い。

 

緑豆

口内炎や吹き出物に良く、体の熱とむくみを取ります。

 

玉葱

身体の巡りを良くし、胃腸を整え、痰や咳などを抑えるのに有効です。

 


梅雨の季節の養生

梅雨になると湿邪の影響で水分が身体に溜まり、浮腫みやすくなります。そのため脾胃の機能も低下しやすくなるので、体の浮腫みを取り、脾胃を補い。気血を巡らせる食材を摂りましょう。


弥生穀雨の養生ごはん (写真準備中)/2016

《前菜》

●レバーと牛棒のスパイス赤ワイン煮

●人参とはっさくのマリネ

●法菜の春スープ

 

《おばんざい盛り》

●シャクと金針菜の和え物

●筍ときのこの炒め物

●野草の天麩羅かきあげ

 

《メインディッシュ》

●春の薬膳メンチカツ

 

《ご飯・汁物》

●あさりのごはん

●キャベツのスープ

 

《デザート・自家製薬草茶》

●投入プリンのイチゴとクコの実ソース添え

●自家製野草薬膳茶

(ハブ草・よもぎ・ドクダミ・紫蘇・甜茶・菊花・陳皮 オリジナルブレンド)

~ 春の養生 ~

 

春は、自然界も目覚めの時です。草花も芽を出し、暖かくなるにつれて陽気が上がり満ちてきます。人間も同じで、体内の陽気が上がり、肝臓の機能が活発になります。

気が上がりすぎてイライラしたり、春の外からの邪気「風邪」が身体に入り、インフルエンザ、風邪感冒、アレルギー、花粉症にかかりやすくなります。

 

肝臓の機能を補い、気の巡りを良くして、血を補ってくれる食材を摂りましょう。そして、早寝早起きして朝の春の陽気を身体の中に入れましょう。

 

 

(それぞれのお料理の薬膳効能については後日改めます)

 

 



2015


長月霜降の薬膳ごはん (写真準備中)/2015

《前菜》

●カボチャと百合根のスープ

咳を止める効能、肺を潤し、身体を温め気を補います。

●自家製豆腐生姜ジュレ

身体を温めつつ余分な熱を出し、潤します。

●蒸し豚のリンゴとベリーソース添え

体の中を潤し、脾胃の働きを補い元気にします。

 

《おばんざい盛り》

●長芋の梅酢漬け

身体を潤し疲労回復、老化防止に良い食材です。

●梨の韓国風

体を温め、咳を抑え、肺を潤します。

●白きくらげと生姜の煮物

体を温め美肌効果も高く皮膚を潤します。

●野草の天麩羅

解毒作用の高い野草で身体の毒素を排出するデトックス効果があります。

 

《メインディッシュ》

●レンコン饅頭の葛餡仕立て

喉と肺を潤し脾胃を整え気を補い、体を温めてくれます。

 

《ご飯・汁物》

●黒米のきのこご飯

消化機能を高め、肉体疲労・老化予防に良いです。

●あさりと春菊のお吸い物

身体の水分を補い、巡りを良くします。

 

《デザート・自家製薬草茶》

●リンゴ・長芋のキャロブケーキ

喉や肺を潤し、滋養強壮・老化予防に良いです。

●自家製薬草茶

(ハブ・よもぎ・ドクダミ・枇杷・菊花・陳皮 オリジナルブレンド)

身体を温め、整腸作用とデトックス効果があります。

 

~ 秋の養生 ~

 

秋は空気が乾燥し、肺がダメージを受けやすくなります。

 

咳や風邪で喉を傷めたり、アレルギーや肌のトラブルが起こりやすくなります。

 

肺を潤し、体の津液(体の中の栄養分も含んだ水分)を補ってくれる食材を取り入れ、バランスを整えましょう。

 

そして、早寝・早起きで生活のリズムを整え、深い呼吸で身体のエネルギーを巡らせましょう。



神無月の薬膳ごはん (写真準備中)/2015

《前菜》

●黒豆とさつま芋のスープ

滋養強壮、月経不順、老化防止、腰痛にもよく血の巡りをよくします。

●鳥レバーのスパイスワイン煮

身体を温め血を補い目の疲れにも効果的です。

●海老と蕪のジェノベーゼ和え

疲労回復に良く、足腰の冷え防止にもよいです。

 

《おばんざい盛り》

●ニラとクコの実の有精卵出汁巻

腎の働きを高め、体液や血液を補い、血の巡りをよくします。

●ごぼうと人参の胡桃和え

腎の気血を補い、腸を潤し便通がよくなります。

●野草の黒胡麻天麩羅

滋養強壮作用の黒胡麻と野草でデトックスをします。

●イタドリのきんぴら

腎機能を高め、浮腫みを取り、解毒と血巡りをよくします。

 

《メインディッシュ》

●鶏肉と冬野菜の薬膳煮込み

腎を補い、精力を高め、身体を潤し温めます。

 

《ご飯・汁物》

●黒米と長芋のお粥、自家製生姜醤油煮たて

体力気力が低下している人におススメです。消化機能を良くし、体を温め栄養が行き渡りやすくなり、心身ともに元気になります。

旬の無農薬野菜を中心に無農薬のお米、天然調味料で作っています。

 

《デザート・自家製薬草茶》

●薬膳シフォンケーキ(山芋・リンゴ・クコの実・胡桃入り)

老化予防、滋養強壮によいです。

●薬膳薬草茶

(枇杷の葉・よもぎ・菊花・どくだみ・杜仲 オリジナルブレンド)

腎機能を温め、身体を温めて血液を清浄にして血巡りを良くします。

~ 冬の養生 ~

 

冬は寒気によって身体が冷え、腰痛や関節痛、リウマチや頻尿になります。

 

冷えに弱い腎を温め、身体に陽気を補うことが大切です。

 

身体を温めて腎機能を高め、気血の巡りを良くする食材を摂りましょう。

 

そして、十分に睡眠を取り、ゆっくり過ごして体力を温存しましょう。



葉月の養生ごはん (写真準備中)/2015

《前菜》

●カボチャと百合根のスープ

咳を止める効能、肺を潤し、身体を温め気を補います。

●自家製豆腐生姜ジュレ

身体を温めつつ余分な熱を出し、潤します。

●蒸し豚のリンゴとベリーソース添え

体の中を潤し、脾胃の働きを補い元気にします。

 

《おばんざい盛り》

●長芋の梅酢漬け

身体を潤し疲労回復、老化防止に良い食材です。

●梨の韓国風

体を温め、咳を抑え、肺を潤します。

●白きくらげと生姜の煮物

体を温め美肌効果も高く皮膚を潤します。

●野草の天麩羅

解毒作用の高い野草で身体の毒素を排出するデトックス効果があります。

 

《メインディッシュ》

●レンコン饅頭の葛餡仕立て

喉と肺を潤し脾胃を整え気を補い、体を温めてくれます。

 

《ご飯・汁物》

●黒米のきのこご飯

消化機能を高め、肉体疲労・老化予防に良いです。

●あさりと春菊のお吸い物

身体の水分を補い、巡りを良くします。

 

《デザート・自家製薬草茶》

●リンゴ・長芋のキャロブケーキ

喉や肺を潤し、滋養強壮・老化予防に良いです。

●自家製薬草茶

(ハブ・よもぎ・ドクダミ・枇杷・菊花・陳皮 オリジナルブレンド)

身体を温め、整腸作用とデトックス効果があります。

 

~ 秋の養生 ~

 

秋は空気が乾燥し、肺がダメージを受けやすくなります。

 

咳や風邪で喉を傷めたり、アレルギーや肌のトラブルが起こりやすくなります。

 

肺を潤し、体の津液(体の中の栄養分も含んだ水分)を補ってくれる食材を取り入れ、バランスを整えましょう。

 

そして、早寝・早起きで生活のリズムを整え、深い呼吸で身体のエネルギーを巡らせましょう。





奥伊吹 山のごはん「よもぎ」 〒521-0301 滋賀県米原市甲津原452 TEL : 0749 - 59 - 0013  /Since 2015